外壁塗装に掛かる期間とは

塗装工事

 

戸建てのメンテナンスとして欠かせない外壁塗装。

外壁塗装を行う頻度は把握していても、工事期間は把握していない方は多いのではないでしょうか。

工事中は生活も不便になる為、期間についても把握をしておく必要があります。

 

外壁塗装に掛かる工事期間

建坪20坪、2階建住宅の場合、外壁塗装に掛かる期間は約10日です。

足場仮設:1日

高圧洗浄:1日

塗装工事:7日

足場解体:1日

 

工事中には生活が不便に

外壁塗装は室内の作業がない為、特に日常生活に影響が無いと思ってしまいがちですが、実は様々な影響があります。

 

洗濯物が干せない

工事中には洗濯物を干すことができません。

約10日間という長期間になる為、不便に感じる方も多いのではないでしょうか。

 

車の養生

塗装中、近辺にある車には塗装飛散防止用の養生を掛けます。

頻繁に出入りのある方にとっては養生の脱着は面倒な作業となります。

 

窓が開けられない

工事中は窓に養生を行う為、窓を開けることができません。

換気ができないというのも、生活のストレスとなってしまいます。

 

異臭問題

使用する塗料によってはシンナー臭など異臭を感じます。

人間にとって刺激臭になるだけでなく、特にペットには大きなストレスがかかってしまいます。

塗料には油性塗料、水性塗料と2種類あります。

油性塗料は特に刺激臭が強く、室内にいても気分が悪くなってしまうというケースもあります。

水性塗料は油性塗料に比べ異臭が少ない塗料です。しかし感じる方によっては水性塗料も刺激臭と感じてしまいます。

ペットを飼っている方、臭いに敏感な方はホテルなどに仮住まいするケースもあります。

 

期間が長くなるケース

外壁塗装は様々な影響で工事が長くなります。

 

外壁の補修が必要

外壁材自体に異常があり、補修が必要な場合があります。

その場合、塗装とは別工事になる為、工期が長くなる原因となります。

 

外壁の汚れなどが酷い場合

外壁の汚れが酷い場合、高圧洗浄に2日かかったり、下地調整で1日掛かることもあります。

 

立地条件

作業車が近くに止められない、狭小住宅地で作業がスムーズに行えないというのも工期が遅れる原因となります。

 

工期中の天候

外壁塗装は天候により工期が大きく左右されます。

雨が降った翌日が晴れた場合でも、外壁材が少し湿っている場合は期間を空ける必要があることもあります。

 

まとめ

外壁塗装は約10日間の作業となります。

作業中は日々の生活に様々な影響を与える為、事前に工事期間を把握しておくことで少しでもストレスを減らし、気持ちの良いメンテナンスを行いましょう。

カテゴリー: 外壁塗装工事 パーマリンク