外壁塗装で高い業者と安い業者がいる理由

塗装職人

 

一般に外壁塗装は高いと言われていますが、業者によって費用が大きく異なります。

たとえ同じ建物でも、10万円以上の違いが生じるケースは珍しくありません。

なぜここまで変わるのかというと、列記とした理由があるのです。

少しでも安く抑えたい方は、施工を依頼する業者は慎重に選びましょう。

 

外壁塗装で高い業者の特徴

 

費用が高い業者と安い業者がある理由は、下請けや孫請けが施工に携わるケースがあるためです。

一口に外壁の塗装業者と言っても、ハウスメーカーから専門業者まで多数あります。

ハウスメーカーなど全国展開する大手に塗装を依頼した場合、実際の施工は下請け・孫請けが行います。

そのため中間マージンやコストが増え、費用が高くなりがちなのです。

 

外壁塗装が安い業者の特徴

 

外壁の塗装を専門にしている業者は、基本的に自社の職人が施工を担当します。

下請けなどが介在しないため中間マージンが発生せず、その分費用を安くできるのです。

もちろん全てが該当するわけではありませんが、自社施工が可能な業者は費用も安くなる傾向があります。

 

他の塗装やリフォームなどを提案する業者もある

 

外壁の塗装のみを提案する業者もあれば、他の塗装やリフォームを提案する業者も存在します。

前者なら費用を安く抑えられますが、後者に該当する場合は注意しましょう。

外壁の塗装に加え、様々な改修・補修費用が生じることから、見積もり金額は高くなってしまいます。

特に外壁の塗装だけ依頼したい方は注意が必要です。

 

外壁塗装の費用を安く抑えるコツ

 

塗装費用を抑えたい方は多いと思いますが、安く抑えるなら相見積もりを取りましょう。

数社から見積もりを取ることで適正な価格が分かる他、業者によっては具体的な内訳を提示してくれます。

優良な業者を見分ける判断材料になるため、外壁塗装は相見積もりが基本と考えておきましょう。

見積もりを出してもらう業者は、地元の塗装業者や自社施工を実施しているところがおすすめです。

ハウスメーカーや大手は下請け任せが多く、費用が高くなることが珍しくありません。

地元の業者の場合、もし不具合や気になる点があってもすぐ駆けつけてくれるので、アフター面も安心です。

自社施工している業者は技術力に安心感があり、施工不良や手抜き工事などのトラブルを避けられます。

 

最後に

 

外壁塗装を依頼する時は、何社か見積もりを取って業者を選びましょう。

ただし、一概に安ければ安いほど良いとは限りません。

他社より多少高いとしても施工実績があり、保証・アフターが充実しているなら検討する価値があります。

カテゴリー: 外壁塗装工事 パーマリンク