外壁塗装を行う必要性とは?

外壁塗装

 

ネット広告などで外壁塗装の工事広告を見かけます。

「外壁塗装は何となく行わないといけないもの」と認識している方も多いと思います【必要性】について認識している方は少ないかと思います

ここでは外壁塗装を行う必要性について解説していきます。

 

外壁塗装は必ず必要

まず冒頭に伝えておくと【外壁塗装は必ず必要】な工事内容です。

外壁塗装を行う目的として、「外観が汚れてきてみっともないから綺麗にしたい」「カラーに飽きたのでイメージチェンジしたい」という理由もありますが、これらは必須項目ではありません。外壁塗装が必要なのは、家ないし外壁材を守るためです。

 

外壁材が家を雨風から守っているという認識を持っている方は多いと思います。

しかしその外壁材を守っているのが外壁材に施された塗装膜です。

実は外壁材の多くは水分を吸収してしまう素材です。

その為、外壁材に塗膜を貼ることで水分を吸収しないようにしたり、汚れが付着しないようにしています。

 

外壁は常に外気や紫外線に晒されるという環境下にあります。

その為、経年と共に劣化し、効力が弱くなったり、剥がれ落ちてしまいます。

塗膜としての効果を失った状態では、外壁材が水分を吸収し、室内に雨漏れしてしまったり、柱や土台といった住宅の基盤が腐食する原因にもなります。

その為、塗膜が劣化したタイミングで必ず塗装を行い、住宅を健康に長持ちさせてください。

 

外壁塗装を行う頻度とは?

外壁塗装を行う頻度は、施される塗料のグレードにより左右されます。

というのも外壁塗装を行う頻度は、多くても少なくても駄目で、適切なタイミングがあります。

一般的に使用されるシリコン塗料であれば10~12年、ラジカル塗料であれば12~15年、フッ素塗料であれば15~18年といった耐久性が定められています。

交通量の多い大通り沿い、森や海沿いにある住宅など、立地条件などによっては塗膜の劣化が早まることがある為、注意が必要です。

 

外壁塗装が不要な例外パターンとは

外壁塗装は必ず必要と説明してきましたが、一部例外があるので紹介します。

 

外壁材を交換する場合

外壁のメンテナンスは塗装だけではなく、外壁材を交換するというパターンもあります。

新品の外壁材には、商品製造時に塗膜が施されている為、そのまま使用することができます。

メンテナンス時期が来れば外壁材ごと交換するという方には塗装は不要です。

 

タイル外壁

外壁材の中には塗装メンテナンス不要の素材があります。

例えばタイル外壁。タイル自体に水分を吸収しないという特性がある為、塗装によるメンテナンスが不要です。

 

まとめ

外壁塗装は一部例外を除いて必要な工事ということが理解して頂けましたでしょうか。

しっかりとメンテナンスを行い、大切な住宅を守りましょう。

カテゴリー: 外壁塗装工事 パーマリンク