外壁塗装の施工手順(工程)について

外壁塗装

 

外壁塗装工事には、決まった施工手順というものがあります。

その手順が違うと、品質の低下につながる、とてもの大事なものです。

ここでは、その施工手順について、解説していきます。

 

外壁塗装の施工手順

仮設足場設置

 

まず初めに、工事に入る前に足場をぐるりと設置していきます。

この足場は、安全上、作業効率、近隣への配慮のため、設置していきます。

この足場が無いと基本的に作業が出来ません。

 

高圧洗浄

 

仮設足場設置後に、外壁や付帯部分を高水圧で洗っていきます。

外壁には、何年も溜まった汚れやカビ、藻が付着しているので、すべて綺麗に洗い流していきます。

この洗浄をしっかり行う事で、塗装の密着効果が高まります。

 

コーキング工事

 

サイディング壁の場合は、ここでコーキング工事を行います。

壁と壁の継ぎ目の目地部分の古いコーキングを撤去してから新しいコーキングを充填します。

壁以外のサッシまわりにも行います。

 

養生

 

その後、塗装工事の準備に入ります。

サッシや玄関ドア、付帯部などを塗装が付着するのを防ぐためにビニール養生していきます。

地面等にもブルーシートなどを敷いて養生します。

 

外壁塗装

 

養生まで完了したら、外壁塗装に入っていきます。

下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りで仕上げていきます。

ひび割れ等あれば、下塗り後に補修を行ってから中塗りしていきます。

 

付帯部塗装

 

外壁塗装と並行して、付帯部「軒天、破風板、雨樋、雨戸など」を塗装していきます。

下地調整してから、2回塗りが基本です。

鉄部には、錆止めを入れて仕上げていきます。

 

清掃・点検

 

外壁塗装、付帯部の塗装が完了したら、清掃と最終点検を行っていきます。

塗り残しや液だれ、塗料付着を探して、綺麗に仕上げます。

この点検で最後になるため、念入りにチェックをして、問題なければ完了となります。

 

足場解体

 

最終確認後に、仮設足場を解体していきます。

足場解体後も、ゴミ等を清掃して引き渡しとなります。

 

最後に

 

外壁塗装の工程は、仮設足場設置、高圧洗浄、コーキング工事、養生、外壁塗装、付帯部塗装、清掃点検、足場解体が基本的な流れとなります。

塗料によっては、コーキングが塗装後に行う場合もあります。

そこは、臨機応変に行い、施工をしていきます。

正しく施工を行えば、綺麗な品質の良い仕上がりとなりますので、施工手順をしっかりと把握して、確認していきましょう。

カテゴリー: 外壁塗装工事 パーマリンク